関節アングル整体連続講座(全6回)東京セミナー


関節アングル整体

産婦人科医・小児科医と連携し医学的根拠に基づいた治療技術!大学の研究機関で医学的数値を計測してきた整体技術!発生学を元に、アングル(角度)で筋肉、筋膜、骨格、靭帯、リンパ、自律神経あらゆる組織を触り分けて施術をし「カラダ全体」を知って施術をすることで難疾患も改善に導き、救い続けられる触診、検査、技術で感謝され、感動を与える整体手技療法を知りたくありませんか?

東京アングル整体セミナー(2019年5月スタート)お申し込みは、お早目に!
今すぐお申し込みはこちら

あなたは、こんな悩みはありませんか?

☑「なぜ、同じテクニックでも効く人と効かない人がいるんだろう?」
☑ 「自分の手には負えない症状の患者さんが来ることがある」
☑ 「なぜ、患者さんがリピートしてくれないんだろう?」
☑ 「いろんなテクニックを学んだが、どれをいつ使うかが分からない・・・」
☑ 「対応できる症状は増えたが、どこか行き詰まりを感じている・・・」
☑ 「患者さんに、今の身体の状態を自信をもって的確に説明できていない・・・」
☑ 「技術を学んでも結果的どんなことをしたら治るのかが感覚的にわからない」
☑ 「自費にしたが、技術力が無くてその場で結果が出ずらくて、
患者に満足いく説明、 結果をだせない」

実はこれらの悩みは、たった一つの問題から発生しています。その問題とは、検査で原因を特定できていないこと。むやみやたらにやるから改善しない。いまこれを見ていただいている勉強熱心な治療家さんであれば、検査もせずにいきなり施術に入る、という方は少ないと思います。検査が重要だという認識は手技療法家の中では定着しつつあります。検査で原因を見極めることがその後の結果を分けると言っても過言ではありません。実は、この検査の時点で治療の効果はアップしてさらに、リピート率がアップします。では、検査の時にあなたはどんなことを考えていますか?どのテクニックを使おうか?ではありませんか?でも違うんです。 施術で結果を出す為に本当に必要なことは何かをお伝えします

でも、はじめからうまく出来たわけではありません

でも、はじめからうまく出来たわけではありません。しかし、最初の頃は勉強も経験も足りず、患者さんが来ても結果が出ない・・・ 描いていた理想とは異なり、順風満帆とはいきませんでした。技術も知識もないのに、自信だけはある。いま考えれば当たり前のことではありますが、こんなところに患者さんが来るはずがありません。そこから、失敗に失敗を重ねて、悔しい思いを噛みしめながら勉強をして来ました。誰よりも勉強して、誰よりも練習をしていたと思います。治療家仲間からは変人扱いもされました。「なぜそこまでやるのか?」「そんなことまで必要ないだろう」と言われてもとにかく前に進みました。気がつけば、いつしか院内は活気に溢れるようになっていました。自然と患者さんが患者さんを紹介してくださり、雑誌取材なども次々と舞い込みました。

結果に納得して下さっているので、段階的な値上げをしても患者さんは信頼してついてきてくださいます。現在は12,960円~19,400円の施術料を頂いておりますが、それでも予約はかなり先まで埋まっています。実際にここまで来るのに様々な苦労はありました。振返れば自己投資額は4,500万円を超えています・・・。今でも勉強は続いていますし、治療家としてこれからも勉強は続いていきます。
続けてきたからこそ分かったこと、身についたこともたくさんあります。ただ、私はこの技術や知識やノウハウを独り占めしようなどとは思っていません。
むしろ、多くの治療家さんに知ってほしいと思っています。私はこの仕事が大好きです。誇りを持っています。 だからこそ、同業の先生が一人でも多く同じ思いを持っていてくだされば、業界自体がもっともっと上に上がれると信じています。一人でも多くの治療家さんが同じ思いであればこんなに嬉しいことはありません。

治るかわからないのに施術で、こんな間違いをしていませんか?

☑ 長い時間押していれば、よくなる
☑ 時短をして失敗して売り上げが落ちた
☑ 相手の満足いくまで施術をしている
☑ 力技でやれば治ると思っている
☑ リンパだけ流せばすべてが改善される
☑ボキボキすれば全て解決されると思っている

もし、それが治れば、良いですし、治らなくて辛い思いをしているなら患者さんがリピートしないとか嘆いて、マーケティングに手を出しているなら根本的な本質を間違っているのかもしれません。本当に大事なのは、技術、感覚です。それは、手技療法は「芸術」「技術」です。あなたの商品です!これは、間違いなく、私を引き上げてくれた大きな産物であるからです。子供の頭のユガミ、斜頭でもこれくらいの変化が出てきます。子供



テクニックよりも、まず知っておくべきことは?

あなたは、「触診」「患者さんへの触れ方」がきちんとできますか?
凄く雑に、強く押していませんか?
すでに触り方から患者さんは改善するかしないか決まってしまいます。
強く触れば、筋性防御がかかり、組織はロックしてしまいます。
「触診」と「検査」が本当に重要なのです。その上でのテクニックです。

今はハッキリと分かります、本当に大切なことは「体のルールを確実に知る事」あなたのテクニックが「なぜ?」効くのかを説明が出来ますか?または、なぜあの患者さんには結果が出なかったのか?が分かりますか?私は師匠や勉強会で教わったテクニックで結果を出していました。ただ、「なぜここで引くのか?」「なぜいま牽引をかけるのか?」「なぜストンと落とすのか?」は分かりませんでした。 もちろん「なぜか?」と聞いても答えてくれる人はいませんでした。
これは決してもったいぶっているわけではなく、本当に誰も分からなかったんだと思います。

私は手技療法と並行して、何かのヒントがあるかもしれないと、解剖学、生理学、発生学も真剣に学びました。すると、身体の仕組みを理解することで見えなかったものが見えてきました。「結果が出る理由」「結果が出ない理由」がはっきりと分かってきたのです。

偶然の角度の発見。発生学との出会い。

身体のつながりの衝撃、足を触ろうとも、「発生学は、健康につながる」「健康は、発生学に通じる」
ネッター解剖学アトラスの発生学バージョンの本には「発生学は健康に通じる」とあります。治療家は、解剖学をやる事は多いのですが、発生学に関してはなかなかやる事はありません。人間の体は60%が、「水」です。その水の状態が凄く大事です。いくら骨であったとしてもそれも水の様な状態からスタートしていきます。もちろんそれは細胞から発達のエネルギーを使い、形成されていきます。
この発達をしっているか知らないかであなたのテクニック、効果の出方は全く異なります。

しかし、人間の原点、産まれる時の精子と卵子のイオンの変換発火はここで産まれてきます。
そこに「治るポイント」があり、目覚めさせてやる必要があります。
そして上記の絵の様に、頭蓋の発達をきちんと知ることがクラニアルテクニックを正確にできることにつながり、体液、流体の力で身体をきちんと回復させることが出来るのです。

私が、頭の中の神経のどこで調整が行われているのか、頭を触っていても足首の治療がおきているなど様々な触診が出来、治療の終わりどころも全てわかるのです。それは、触診、検査、技術力なのです。
つまり、ボキボキせずとも骨格、神経、膜、筋肉とあらゆる組織に効果を出していけるのです。

また、人間の手や足の発生学が、体を治すのにすごい役割をしてくれます。
これが、アングルを思いついたきっかけにもなりました。全ては「発生学」へ戻すことであり、健康になるには「胚子」の状態をつくりだすこと
そこには、テクニックでは補う事ができない、施術家の「感覚」が追及されます。

上記は、腕や足の発生ですが、これがどのように出来るかが、回復の糸口を見せてくれています。
そして歩行に関わる事も、全てこの発生学が答えを出してくれています。テクニックには自信があり、結果は出していたものの、相変わらず「なぜその技をするのか」は明確な説明が出来ないでいました。
そんなある日、私自身が腰を痛め横になっていた時、自分自身が楽な姿勢を探すうちに痛みが消える角度を発見したのです。これをきっかけに角度に着目し様々なテクニックを見直していました。
その時です。ちょうど発生学を学んでいた時期で、ある一つの共通点を見つけ衝撃が走りました。これまでの「なぜ?」に説明がついたのです。
正に頭の中の無数の点が一気に線で結びついた感覚でした。

痛みの消える角度と胚の成長過程の角度の共通点。
様々なテクニックの「引く理由」「押す理由」「落とす理由」が繋がったのです。

大学で手技療法の研究で結果を出してきた整体手技療法

また医療大学にて準研究員として研究を重ねていくことで科学的な根拠も結びついていきました。自律神経の解析に成功し、アングルを使い手技を行う事などを実験として成果をだしてきました。

手技を行った際の「自律神経・筋・骨関節・筋酸素動態」による心拍数やヘモグロビンの量を変化を測定すると、心拍数の変化により自律神経である交感神経、副交感神経がどのように変化しているかを確認することができます。
手技を行っている時の心拍数の状態ですが、介入刺激の間の心拍数が下がっています。
つまり、呼吸がより落ち着いた状態になっているということです。専門家の力も借りながら研究することで、いままで説明が出来なかったことが次々と分かってきました。

もちろん、今でも毎日の治療院での施術も繰り返し行っています。
特に近年では口コミや紹介でいろいろな不調の方がお越しになられます。
腰痛や肩こりはもちろん、内臓の不調、お子さんの発達の悩み、自律神経、聴力の問題など対応した悩みは数知れません。
大学での研究、手技の追及、日々の施術を繰り返し、ついに関節アングルという一つのテクニックが出来上がりました。

自然に回帰することこそ、人は生きていく力が湧いてきます。
あなたが、治す必要なく、患者さん自身が治る体にしてあげること
それが、全ての原点です。

「静」「動」の効果を実感できるテクニックをリアルに体感したい!

DVDは好きな時間に見ることができる、会場まで行かなくてもいい、という勉強時間を縛られないメリットがあります。
また、繰り返し何度も見ることも出来ます。ただし、疑問をすぐに聞けない。見たい角度が見えない。実際の圧力が分からない、などの問題も確かにあります。
なかでも「本当にコレで合っているのか?」という不安は皆さんお持ちのようです。

手技において触れ方、圧はとても重要です。
私のセミナーではただひたすら「触れる」感覚を体に覚え込ます基礎訓練コースを設けているほど「触れる」ということを重要視しています。

アングル整体では、「静」と「動」のテクニックの両方を使いこなします。

「静」では、触れるのみで【全体性】を把握します。
手でわずかに触れるだけで脳神経、体の膜、液体に至るまでをリアルに感じ取ります。
正に軸と支点をとり「発生学的」な観点から治療を行っていきます。発生学の繋がりから「健康へとつながる」
その健康に繋がるところを「患者さんから見せて貰いながら治療過程をすすむ」
骨の硬さが水になるのを体感できるでしょう。

まさに身体が水だという体験しながら、共に治っていく過程をリアルに体感していきます。
力がいらなず、女性でも出来るテクニックです。
その為、はたから見れば、こんなので改善するのか?って思われそうですが、それがまた凄い効果を出していくれるのです。それを一緒に学ぶ事で、一日に何人でも自費で見れることが可能でしょうし、患者さんは気持ちよくて数分で寝てしまう事で回復率を確実に挙げてくれます。

「動」の整体方法。関節、神経、靭帯、膜、リンパ、血管とあらゆる組織に部分から全体に全体から部分に働きかけるように操作を行います。細かい関節の動き、ユガミを感じ取り、それを解消するようにします。
そして「優位治療検査」と言って、どこに原因があるかを探り、原因を特定して筋膜、筋肉、リンパ、骨格のどれが悪いかで操作を行います。
そうする事で数分のうちに特定できれば、いらないところを施術をしなくて済むのです。

0歳から90歳までの健康に導けるテクニックです。この様に技術的にもメリットが沢山ありますので、本当に効果をだして行い方にはオススメです。
もう、むやみやたら押す必要はありませんし、患者さんのリクエストに応える前にでこちらから
問題点、良い所を把握して施術ができるので、お互いに信頼感が得られます。

関節アングル整体とは?

人体が形成される過程である、細胞、組織、器官の分化を扱う発生学に基づいて生まれた新たな手技療法です。
女性にも優しく、力を必要とせずに行う事が出来ます。その発生学と整体がどのように結びつけられるのか、患者さんの身体に対して、なぜアングル(角度)を取るという操作が必要なのか、また、人間が持っている自然治癒力を引き出すにはどうしたら良いかなどを解き明かしていきます。「痛みと歪みを取るアングル(角度)」が存在します。

身体の24個の脊椎に合せた身体に変化をだしていくアングル(角度)がある事をみつけて
作り上げてきた整体です。体のバランスがとれて、ゆがみもとれて、リンパ、血流はよくなり、シビレもとれて自律神経症状も変わっていくためのトータルのセミナーです。
癒楽心体療法のセミナーの中でも、中級から上級のレベルになってきます。効果は保証します。
女性でも優しく、効果高く矯正をしていくことが出来ます。

大学で科学的に研究を行いその効果も数値化され実際の患者さんで成果をあげてきました。発生学は解剖や生理学を知る上では、さらに知っていると改善し易く得する分野でもあります。
人間の発達の過程を手技に入れ込んできました。まさに体を本当に回復させていくためには人間の原点である「胚」の状態から人間の形になるまでの成長過程に“症状を改善させるヒント”が存在しています。発生学の中には、人間の「命」が表現されています。

「身体に触れるときに命に触れる事、水を感じられる触圧をしなさい」とお伝えしています。
人間の身体には70%ほど水=液体がしめます。「発生学は、健康に通じる」人間の体の細胞の水、一滴一滴が薬になりえます。そのため、構造を調整することは、体の薬箱、体の自然治癒力、体の神経の通り道を作ってやることです。産まれる前の状態に戻すこと。物体として体を診ないことです。私と患者の空間のバランスも大事になってきます。

人間は、ほとんどのものが液体からなりたっているからです。刺激一つは、全て発生学で説明ができます。その触れ方ひとつでからだは変化します。強い力で施術、触診をすれば、相手は硬くなります。力技では組織は完全にリリースするのにはダメで、感じて施術をして矯正し、解放をしていくことです。水=液体の変化は、波紋が広がるように繊細で 一時の静けさから風を起こし、命のリズムを変えていきます。
そして適切な刺激を与える為に常に変化していきます。

「命をつむぐように体の成り立ちに戻りながら施術をしていきます」すべては、自然と同じです。体に水が存在、呼吸の風が流れ、肉体としての大地がある。気づいて下さい、人間は、自然の物であり、そこに戻ろうとしていることを。本当の身体の声を聴きませんか?本当に必要な施術をしませんか?

技術レベルアップし感謝されて社会貢献しませんか?

技術を上げる事、人間力を上げる事で改善していく人たちが増えれば社会に健康な人たちが増えていきます。私自身が4500万以上かけて学び続けています。
一回の治療費用12960円~17280円です。もちろんコツコツ学び続けてきた結果だと思います。赤ちゃんから大人まで見る技術を学びます。「全て見る事が整体の専門分野」です。全体性なのです。体は、部分ではありません。一日でゴッドハンドにはなれません。時間がかかります。すぐに真似ができることは、ゴッドハンドでもなんでもありません。それは、誰でもできて再現性があるだけです。

しかも、施術をしてもすぐに戻るとかその場限りの現象状態になってしまいます。それでは意味がありません。私の師匠たちが一日でゴッドハンドになれたかというとそんなことはありえません。野球選手のイチローがヒットを量産できたか?必ず地道な努力が必要です。体をきちんと見る能力、リリース感覚、これ以上施術をしなくてよいと感じる力が大事です。しかし、安心してください。必ず、あなたにもできます。練習は、必要ですが。それは、私がかけてきた半分以下の時間でできます。

私達技術をやる人間が苦労をしないのは、本当に良くなるための技術で患者さん、お客様に当たる事です。結果的に、世の中の貢献につながります。そして、その技術を継承していくことが非常に重要です。年老いても、技術力があれば、疲れずにでやっていけます。指が変形してまで押す必要などありません。本物の技術を学び、レベルアップして、家族、患者さん、子供たちに誇れる仕事していきませんか?

関節アングル整体・プログラム

・整形外科検査・神経学検査
・テクニックの消去法!実は大事な、何を使うか?より、何を使わないか?
・発生学的アプローチを基軸に解剖学を交えたアングル整体の解説
・鰓弓・心膜ー胸膜ー肩甲骨のバイオフィジカルリンク
・横隔膜から横隔膜腱中心・脚部の調整
・アングルを用いたアプローチ
・横隔膜脚部・横隔神経・迷走神経などの調整
・16個の検査技法とテクニック
・痛みを取るべきか、ゆがみをとるべきか判断をする方法
・腹膜、内臓へのアングルテクニック
・筋骨格系を調整する15の技法
・その他、受講者の希望

ご注意ください!

どなたでも参加できますが、以下の方は違和感を感じるかもしれませんので参加されないようにお願いします。
☑ お金儲けだけを考えている
☑ 自分の技術が上だと戦いを挑んでくる方。自分のセミナーをその場で開催しようとする方。
☑ 挨拶ができず、礼儀ができない方
☑ 講師がいるから、すべて講師任せにして練習をしない方
癒楽心体療法・関節アングル整体では、三方よしと考えています。もちろん、お金も大事です。自分が上だと思ってく来てもらうこともいいですが、きっと違和感を感じると思います。技術力では私も負けません。ここは、戦いをする場所ではなく「向上し、幸せな人を作っていく、社会に役立つための事を学ぶ場所です」受講生、患者さん、家族、講師皆が良い状態をつくりたいと考えています。共に学び、協調し、向上していき、手技療法を通じて社会を良くしたい方を募集しています。

このような方におススメです

☑ 保険から自費への移行で苦労をされている方
☑ テクニックセミナーに参加しても、そのテクニックの使いどころが分からない方
☑ 薬だけでなく手技や自然療法で体の改善に取り組みたい方
☑ 開業をしているので学校へ通うほどの時間が確保できない方
☑ 検査と治療(施術)が結びつかないので、ポイントを押さえたい方
☑ 鍼灸・マッサージで改善せずに、骨格・神経・ホルモン調整なども知りたい方
☑ 継続して学ぶべき技術を探している方
☑ 触診能力と発生学的な技術の統合を学び効果をあげていきたいかた

関節アングル整体ベーシック・アドバンスコース

【ベーシックコース】
全6回としていますが、講座は継続して行われていきます。手技を極めてもらうために、触診、テクニックを徹底して行います。また、あらゆる組織、症状に対応するた  めの内容です。効果を出すために練習に時間のかかるものもありますので予めご了承ください。
※参加者の皆さんの習得状況により、内容が変更となる可能性がございます。予めご了承の上でご参加ください。
【アドバンスコース】
*ベーシックコース修了者のコースとなります。1日約7時間のコースになります。手技を極めてもらうために、触診、テクニックを徹底して行います。

【関節アングル整体東京】開催日時

【ベーシックコース】
2019年日程は、5月よりスタートとなります。【会場の都合で東京都内、横浜になったりすることがございますのでご注意ください。

【アドバンスコース】

参加費用

◆新規申込の方
【ベーシックコース】
600,000円 ⇒ 550,000(早期割引2019年3月2日まで)
【アドバンスコース】
600,000円 ⇒ 550,000(早期割引2019年8月2日まで)
*各セミナー契約の上、分割払いは可能です。

【期間限定の同時申し込み割引】
ベーシックアドバンス同時申し込み
1,200,000円 ⇒ 1,000,000円 (早期割引2019年3月10日まで)

【2019年の体験会がございます】
体験会にご参加いただけると参加者に特別な割引ご案内がございます。
参加者限定で5つの効果を上げる治療マップをプレゼント! 
お申し込みは、お早目に!
*各セミナー契約の上、分割払いは可能です。

今すぐお申し込みはこちら

◆再受講の方
>>>全日程一括申し込み価格 ⇒ 400,000円

お申し込み後に振込先をお伝えいたします。振込みされる際は、振込み手数料はご負担ください。お振り込み後は主催者都合の開催中止以外でのご返金はいたしかねます。

【キャンセル規定】
初回開催日、4週間前50%返金
1週間前から100%ご負担頂きます。
※振込み手数料と事務手数料1,500円を差し引きご返金致します。
※キャンセル規定の前にお申込みの場合は、振込み手数料・事務手数料1500円・セミナー代金10%差し引きお返しします。
※6回一括申し込みの場合は人数、割引率の観点から途中参加が出来なくなった場合でもご返金はいたしかねます。なお、期間限定の割引申し込みでのキャンセル変更は、契約申し込みから1週間のみ変更キャンセルは受け付けます。それ以降に変更キャンセルのお申し出があったとしても返金等は受付られませんのであらかじめご了承下さい。料金未納であった場合でもお支払いいただきますので予めご了承ください。
※1回ずつ参加ご希望の方でお申し込み後にキャンセルにつきましては、入金が未納であっても上記のキャンセル料金に従ってもらいますのでご注意ください。

関節アングル整体連続講座・内容


プログラム

・検査法16種
・整形外科検査・神経学検査
・発生学的アプローチを基軸に解剖学を交えながらアングル整体をお伝えしていきます。
・鰓弓・心膜ー胸膜ー肩甲骨のバイオフィジカルリンク
・横隔膜から横隔膜腱中心・脚部の調整
・頭蓋大脳鎌、小脳テント、横静脈へのアプローチ(DVDにはない特別版!NEW)
・不妊症・婦人科疾患に関わる体液誘導。
・アングルを用いたアプローチ
・膜の連鎖触診の練習
・身体のボリューム内圧に対するアプローチ(NEW)
・坐骨神経痛・五十肩・胸郭出口症候群・頚椎ヘルニア・頭痛(4種)
・足のシビレ、リンパ系に関わる操作、肋間神経痛、腰部・臀部痛の鑑別など

第1回
・身体・液体・膜に触れるトレーニング
・検査法16種(そのうちのいくつか行います)
・整形外科検査・神経学検査
・アングルを用いた腰部、下半身の調整
・発生学的アプローチを基軸に解剖学を交えながらアングル整体をお伝えしていきます。

第2回
・鰓弓・心膜ー胸膜ー肩甲骨のバイオフィジカルリンク(脈拍の調整、嚥下作用や、呼吸器の調整、喘息、副鼻腔炎・肩甲骨内側への肩こりへなどの調整)
・横隔膜から横隔膜腱中心・脚部の調整(大腰筋深部へのアプローチ、くしゃみや、呼吸器から起きたぎっくり腰調整、肋間神経痛へのアプローチ。腰痛・背部痛・坐骨神経痛・足首へのバランス調整)
・下顎から恥骨までのバイオフィジカルリンク

第3回
・頭蓋大脳鎌、小脳テント、横静脈へのアプローチ(DVDにはない特別版!頭痛に関わるルートを神経学的な部分と静脈系の繋がりで見ていきます。)
・不妊症・婦人科疾患に関わる体液誘導(婦人科疾患へのアプローチ)
・アングルを用いたアプローチ(腰椎・骨盤・胸椎・頚椎)
・アングルを用いた骨盤調整
・振動とリズムをに対する調整
・下顎から恥骨までのバイオフィジカルリンク

第4回
・膜の連鎖触診の練習(筋膜・靭帯・骨膜)
・不妊症に関わる発生学的副交感神経・交感神経の調整法
・アングルを用いた子宮・卵巣への調整法
・身体のボリューム内圧に対するアプローチ(身体の内圧を変える操作。内臓への収縮への操作。拡張を促す調整。交感神経・副交感神経への自律神経へのアプローチ。大内臓神経・小内臓神経・腹腔神経叢へのアプローチ)

第5回
脊柱・椎間板の調整(椎間板の変性・ムチウチの筋肉性。靭帯性の見分け方)
・整形外科検査の調整とアングルテクニックの使い方
・ぎっくり腰、ヘルニア、腰部の診断と調整法
・胸椎の発生学的アプローチ
・背部痛の筋肉性・関節性の問題調整法
・心膜・横隔心膜靭帯・胸骨心膜靭帯の調整
・アングルを用いた胸部へのアプローチ

第6回
・アングルの指と足を使った調整(筋膜線・発生学的つながり。足から全身をみる方法)
・アングルと頭蓋の調整(骨盤・腰・頚椎・胸椎のアングルを使い体の自律神経を整えるテクニック)
・ヘソの腸間膜と蝶形骨の調整(顔のユガミと内臓の相関調整)
・まとめ

【アドバンス】

*ベーシックコース修了者のコースとなります。
1日約7時間のコースになります。手技を極めてもらうために、触診、テクニックを徹底して行います。

【第1回】
発生学的小児・産科アプローチ
小児発達、産婦人科疾患ベーシック
小児の言語障害、産婦人科疾患ホルモン代謝などの操作。
小児嚥下障害、耳鳴りの問題

【第2回】
発生学的小児、産科アプローチベーシック
小児発達2 産婦人科疾患②
アングルをとり、脊柱管狭窄、ヘルニアの操作、歩行操作
頚椎脊柱管狭窄の操作

【第3回】
アングルと空間的、構造的、液体的アプローチ
液体のユガミを感じるトレーニング
解剖から見る腹膜、硬膜の連動性による、内科的疾患を取るテクニック
内臓と腹膜の操作

【第4回】
足首の歪みと腹膜の連動操作
水と塩の関係で効果を出す方法
硬膜、くも膜、軟膜を触り分けて体全体を統合するテクニック
リボーンテクニック生まれ変わりのテクニック

【第5回】
頭蓋大脳鎌と肝臓鎌状間膜へのテクニック
臍と蝶形骨のバランステクニック
心臓と心膜へのアプローチ
横隔心膜靭帯、迷走神経へのアプローチ
リボーンテクニック②

【第6回】
統合的アプローチ

このような方におススメです

◎偶然に改善したが、なぜその手技で改善されたのか分からない方
◎単純になぜこの手技の動作をしないといけないのか疑問のある方
◎施術をして疲れる方、もっと効率よく施術したい方
◎力を必要とせず、効果のあるものを提供したい方
◎この症状にはこの手技で改善できるので問題ないが腑に落ちない方
◎施術すればするほど疑問が増え、行き詰まりを感じている方
◎自費治療に移行したのでもっと結果を出していきたいかた
◎組織のリリース感覚、どこで施術を終わってよいかわからない方
◎発生学をもとに学んでみたい方
◎改善できない症状がある方
◎新たに手技療法の知識を得たい方
◎自分の身体に負担にならない施術を求めている方

受講生の感想
横浜 金子肇先生 あんま指圧師

関節アングル整体を導入して施術をして、感じること。身体のルールを知る、触診のレベルの向上検査法の精度が、格段に上がる事。まだまだ、未熟な、技術でも、継続して、技の精度を高める努力が、結果を生み出しています。先日も、水頭症のオペ後の後遺症のケアで通院している、中学生3年生の女の子のクライアントさんのお母様から、『娘の行動力が、出てきて、部活に参加出来る様になってきました。』予約のリクエストでした。確実に結果が出てきている。関節アングル整体の学びは、すごい結果を出してきています😄コツコツ継続する事で触診力が向上する手応えは松本先生のセミナーDVDや月一のアングル整体セミナーに参加しながら、学んだ技法を即、自分の臨床に使って見ると、結果が出てくるんですね。今迄、様々な治療法を学んできましたが、僕の中にある、治療哲学と感性がぴったりあってる感じがするんですね。《基礎力を深掘りする感覚で学べる》〜関節アングル整体の世界〜とでも言いましょうか。じっくり学びを深めながらより精度の高い治療法の確立が手に入れることが出来る。そういう感覚が自分の身体に染み込んで来ている感じがしていますね。繰り返し、繰り返し、DVDや講義の録音からの松本先生の言葉や、間の取り方、体の使い方の動きをノートに取ったり、映像を見ることも、とでもイメージングになるんです。かなり、関節アングル整体にどっぷりはまっている自分にびっくりです。!! これからも 、ご指導よろしくお願い致します。

東京都 銭先生

「関節アングル整体」のセミナーに出て本当に良かったと思っています。 勿論、DVDも購入しました。 カイロベーシックさんから出している、他の先生方のDVDも持っています。 でも「関節アングル整体」は、「どれ位の力加減でやっているんだろう?」 「どこをどうタッチしてるんだろう?」 などなど、細かいところが判りませんでした・・・。 どうしてもこの技術を取り入れたかったので、ダメもとで松本先生の名前で検索してみると、 東京でも勉強会(セミナー)をやっていると分り応募した次第です。 現在、月に1度のペースでセミナーをやっています。 「関節アングル整体」DVDで分からなかった事や、お客様の施術中に疑問に思ったことなど、 諸々な質問からのスタートです。 最初に書きましたが、本当に出て良かったと思うのはこのことです! 松本先生が真摯に質問に答えてくれますし、技術的な面も、細かく見て頂けます。 先生は解剖学にも精通していらっしゃるので、 「どこが?なぜ?どの様に?原因は?」などなど 理解し易いです。 そしてDVDにはない技術も教えて頂ける! 松本先生のセミナーならではでないでしょうか。

注意事項

*カセットテープ、ICレコーダーの録音は可能ですが、動画撮影は禁止します。
*実習しやすい服装をおもちください。
*セミナー中の事故やけがは主催者は一切責任を負いません。
*講師の突然の怪我、病気、および交通機関の事故、災害によってはセミナーが開催できない場合は、費用は一部返金します。それ以外の交通費、宿泊費、逸失利益などの返金賠償はいたしません。
毎回楽しい懇親会をおこなっています(^^♪
みんなで楽しく、手技についてもお話しましょう!

備考

本講座にご参加の方は「関節アングル整体セミナーDVD」が予習・復習教材として役に立つはずです。ご購入がまだの方はぜひDVDのご購入もご検討ください。
※下記、画像をクリックで詳細ページへ移動します。