変形性関節症の治療

どうも!
癒楽心体療法代表の松本恒平です。
 
 
 
 
変形性膝関節症
変形性股関節症
変形性脊椎症など
色々問題があります。
 
 
この時に「変形性の問題が病院であった」と言われます。
 
しかし、整形外科検査をしてみて
実際に問題があるケースと
問題が無いケースがあります。
 
 

検査法をやってみること

 
 
例えば、
膝の問題ですが、膝の整形外科検査で
「アプレー牽引」「アプレー圧迫」とします。
 
牽引は、靭帯性の問題が分かり
牽引して痛みがでれば靭帯、軟部組織の問題だとわかります。
 
ただ、時に、関節の問題も併発するので
のちに関節のみのパルペーションを行います。
 
 
圧迫は、軟骨性、半月板ですね。
圧迫だと確実に動きが出ず、痛みを併発します。
 
 
ここで、問題が出なければ、じつは軟骨の問題は少ないと判断できます。
 
 
ナクラステストだと、膝を曲げて行く事が出きません。
確実に関節性だとわかります。
 
 
 
あと、膝は、
         ^^^^^^
股関節、足首、腰椎からの関連痛を受けます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
その為、膝に問題が無い時に、別の箇所をみます。
この時に優位治療検査が大事になります。
 
 
腰椎を押してみて、
^^^^^^^^^^
膝の可動域が変われば腰椎の問題です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
 
ここで腰椎の治療の場合には
腰椎のアングルを取って見ると効果的ですよ。
ASISの下がっている側の足を外転して
そこでASISの高さが揃ったところで
足の第2・3指の間を刺激して下さい。
 
また、アングルの体液誘導法で
ゆっくり押したり引いたりすると
関節の矯正にもなりますよ!
 
 
検査から順番に治療が出来れば、
靭帯なのか?軟骨性なのか?
筋肉の問題か?を正確に見分けて治療をすることが出来ます。
 
 
変形性の治療も怖くありません!
 
 
 
体験会の残席も少なくなてきました!
お申し込みは、お早目に!
 

第1回目 1月18日(木) 大阪  PM16:30~19:30 満席になりました!

第2回目 1月31日(水) 大阪 PM13:00~17:00   満席になりました!

第3回目 2月7日(水)   東京   AM10:00~14:00  満席になりました。

第4回目 2月7日(水)   東京 PM15:00~19:00   残席

第5回目 2月8日(木) 大阪 PM13:00~17:00   残席 3

第6回目 2月23日(金)  大阪 PM13:00~17:00   残席2

第7回目 3月3日(土) 東京 AM10:00~14:00   残席2

第8回目 3月3日(土) 東京  PM15:00~19:00   満席になりました。

第9回目 3月8日(木) 大阪  PM13:00~17:00   残席2

 

 

 
 
 
https://yuraku-shintai.com/seminar/taikenkai
 
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です