治療の戻りを少なくするためには?

癒楽心体療法代表の松本です。
 
 
治療効果を高めるために「戻らない」ということが大事だと思います。
 
戻るという事を過去に散々言われていて、
 
本来は、治療効果が右肩上がりでないといけません。
しかし、それでも戻るという事があります。
 
 
私の個人的な意見としては、
①「体の組織」にきちんとアプローチできていない
②適切な技術、リリースができていない
③患者さんの元々もっている治癒力の低下・バイタリティーの低下
 

治療の戻りを少なくするためには?

私が、技術を、色々やってきて
まず、関節が問題で膜の可動性がさがっているらない
 
関節にアプローチをしないと治らない。
 
これは、私の体が過去に悪くなって、頭蓋治療でも、
内臓でもなくて、膜ちりょうでもなくて「関節矯正」で治ったこと。
 
 
また、呼吸不全が関節でなく、膜の問題だったことなどなど
時には循環不全だったりとそれに合わせる事ができるのが
癒楽心体療法の技術であると思います。
 
 
つまり体は繋がりあっているんですが、その時その時で
求めていることがちがうという事を「触診」で分かる事。
受け取り感じる事です。
 
もちろん『優位治療検査』でも原因の特定ができるようになります。
 
 
治療後に寝かすのもポイントかも(^^)/
 
 

②適切な技術、リリースができていない

触れるだけでリリースができないといけないです。
ですが、軽い触圧で触っても深部が緩まないといけません。
可動性減少を可動性を高める必要があります。
 
 
微細な体の動きがそこには存在します。
OWTテクニックでは、
屈曲伸展回旋側屈3D・4D的な動き含めて。
それが手元で起こりリリースが始まります。
 
 
膜でも関節でも「治療の終わり際」をわからないと治療ができません。
何の組織が硬くなり動かないのか?
それに対するテクニックは何かを把握することです。
 
 
だからこそ「感じ取る手」「受け取る手」を作る事です。
 
 

③ 患者さんの元々もっている治癒力の低下・バイタリティーの低下

これは、患者さんに、水が足りないとか、
ミネラルが足りない、ビタミンが足りない
回復の為の睡眠が足りないとか。
 
 
これは、慢性痛であれば、患者さんに協力をしてもらう必要があります。
1度だけの現象ではなくて、実際に持続するために必要なことがあります。
 
 
これは、時には検査で食事を選んだりもします。
それで妊娠ができたり、血圧が標準になったりするものです。
 
 
 
いくつか要因がありますが、実際に患者さんの責任ばかりにできません。
施術者側の問題があります。
 
 
ともに改善していくときには共に向上していく必要があります。
 
 
その為、こちらが治すではなく「サポート技術を上げる事」
「自然治癒力を引き出す技術」を上げていくことでしょう。
 
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です