BLOG - 癒楽心体療法の考え方


脊柱起立筋をマッサージしすぎるな!(筋膜か?関節か?)

どうも!

癒楽心体療法代表の松本恒平です。

 

筋膜の問題か?

 

 

筋膜の問題か本当にわかってテクニックをやっているのか?

いつも不思議です。

 

特に道具をつかったり、オイルをぬってやったり

実は、過去に私もやっていたから

わけわからずにやっていて、結果的に効いたってことで

 

とりあえずやっていないか?

 

 

つまり、わからずに手術をしているのと同じです。

 

 

できたら、結果が分かるための触診をきちんとすることです。


脊柱起立筋を緩める


脊柱起立筋を緩めるというのは、

悪くはないのですが、

実は、寝た時に、抗重力筋はゆるむ必要があるため

実際に、脊柱起立筋なんかマッサージすることなんか

ほとんどないんじゃないか?って思い始めたのが2010年。

 

実際に、それよりも

大事なのは、寝た時に筋肉をおしてみて

その硬さが、膜か?関節の硬さかを理解できるか?

 

そのうえで矯正をするか?

関節を治療をするかです。

 

 

膜の前に考えるべきことが実は沢山あるんです。

 

そして、実際にアナトミートレインのつながりでも理解すること

ただ、100%あたりは無いです。

 

 

ですが、癒楽心体療法の優位治療検査をすると

効果が分かりやすいし、結果が出やすくなります。

 

足の問題で首が緩むことや矯正のポイントが把握できますし

矯正もできてしまいます。

しかも戻りが少ないのがいいんです。

 

癒楽心体療法のテクニックは、戻りをすくなく必ずできます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それは、良いところもにもきちんとフォーカスするから

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

悪いところだけではありません。

 

必ず、回復していく過程を理解して施術をしていきます。

 

きっと、治らない悩みが少なくなると思いますよ(^^)/

セミナーでみんなで練習し、実践するから次のステージにいけます。

どんどん飛躍していきましょう!

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシーDO(WHO国際準拠レベル修了) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール