BLOG - 癒楽心体療法の考え方


肝臓の整体法・癒楽心体療法

———————————————
体験会参加者限定のテクニック小冊子プレゼント!

残席が少なくなってきました。
お申込みお早めに!

セミナー内容と料金

第1回目 1月18日(木)大阪 PM16:30~19:30 満席になりました!

第2回目 1月31日(水) 大阪 PM13:00~17:00 満席になりました!

第3回目 2月7日(水 )東京 AM10:00~14:00 満席になりました!

第4回目 2月7日(水) 東京 PM15:00~19:00 満員となりました! (1席のみ増席)

第5回目 2月8日(木) 大阪 PM13:00~17:00 満員となりました! (1席のみ増席)

第6回目 2月23日(金) 大阪 PM13:00~17:00 残席2名

第7回目 3月3日(土) 東京 AM10:00~14:00 残席2名

残席少なくなってきました。お申込みはお早めに!

整体セミナーお申し込みフォーム

————————————————

肝臓の治療をする時には、
胃、十二指腸を治療をしないといけません。
肝臓は、胆のうもありますし
自律神経では、大内臓神経系ですね。
胸椎5番~9番の所の調整はかかせません。
また、肝鎌状間膜とヘソが繋がり蝶形骨の繋がりがあります。
そこが小脳テントまでつながりますので
硬膜、膜の繋がりの調整がかかせません。
肝臓は横隔膜との連結で下大静脈の流れ、門脈、奇静脈とつながります。
その為、肝臓の調整には、
水分、血流、リンパ、神経系の調整は外せません。
大内臓神経の調整ができないと、その場限りの調整になります。
その時、その時で調整する場所がことなりますが
往々にして、肋骨の可動性の現状があるのは、
大内臓神経の問題を9割以上関わります。
肝臓の治療で大事なのは、良く目と言われますが
これは、肝鎌状間膜が小脳テントまでつながるからともいえます。
また、肝臓の右側の、乳首線上には迷走神経も走っているので
迷走神経の頸静脈孔出口、頚椎1・2番と関わります。
【アングル治療】
治療では、アングルの治療で、腸骨のASISが下がっている側の足を外転していきます。
ASISがそろえば、そこで刺激を入れていきます。
この際に触診で関節、靭帯、膜のいずれかに問題があるかをチェックして治療をします。
そうすることで、肝臓系の問題は解消します。
右の足の親指の爪の生え際の痛みが無くなるまでやると肝臓に効果をだしますよ。
また、肝臓の鎌状間膜の問題なら、そこをOWTかリンパテクニックを
癒楽心体療法では、おこないます。
私が、細かく治療をしているので、現象だけでは終わらないところです。
まずは、きちんと身体の知識、基礎、検査を踏まえてやることで
治療の効果を最大限出していけるようになりますよ!

———————————————
体験会参加者限定のテクニック小冊子プレゼント!

残席が少なくなってきました。
お申込みお早めに!

セミナー内容と料金

第1回目 1月18日(木)大阪 PM16:30~19:30 満席になりました!

第2回目 1月31日(水) 大阪 PM13:00~17:00 満席になりました!

第3回目 2月7日(水 )東京 AM10:00~14:00 満席になりました!

第4回目 2月7日(水) 東京 PM15:00~19:00 満員となりました! (1席のみ増席)

第5回目 2月8日(木) 大阪 PM13:00~17:00 満員となりました! (1席のみ増席)

第6回目 2月23日(金) 大阪 PM13:00~17:00 残席2名

第7回目 3月3日(土) 東京 AM10:00~14:00 残席2名

残席少なくなってきました。お申込みはお早めに!

整体セミナーお申し込みフォーム

————————————————

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシーDO(WHO国際準拠レベル修了) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール