BLOG - 癒楽心体療法の考え方


治療法を患者にあてはめない
どうも!こんにちは
癒楽心体療法代表の松本です。
 
「治療法を患者を当てはめないこと」
これは、私の持論ですのでね。
昔は、一つの手法しかなかったので、
いや、テクニックを無数に知っていて
それを誰でもやってみるというのが、約10年前。
もちろん、効く人と効かない人がありました。
本当に残念。
それは、教えてもらっている先生でさえ、
わかっていないのですから、誰でもやってみろというわけですよね。
もちろん、経験でわかってくるものもあるのでそれは正解だと思います。
私の現状としては、
体を診る事をしているので、手法やテクニックで相手を操作しないことです。
気づくには時間がかかるかもしれません。
と、言うのも、
多くの場合は、テクニックを習い、それが患者に適応だと習うからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「椎間板ヘルニアに○○テクニックが効く」って言うんですが
患者を診て、患者さんの状態でどうするかを判断する。
全員が、筋膜リリースが関係ない、マッサージが関係ない
ストレッチが関係ないスラストが関係ない、抵抗運動が関係ないのです。
つまり、症状の診断
^^^^^^^^^^^^
その時の体の状態を理解できるかです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これは解剖図ですが、
実際に、この中のどの経路に問題があるのかを見ないと解明ができないわけです。
刺激の入れ方で反応が変ります。
例えば、患者さんが来ました。
しかし、一つの方法しか持っていなければ、
一つの方法で施術をするのです。
それが適応であればそれでOK
しかし、そうはいかない時があります。
何でも血行を良くするとか、
柔軟性を高める目的でも意味がないときがあるのです・・・。
緩めすぎたら悪化することもあるんです。
それを施術者は理解してやらないといけないのです。
体は、物ではありません。
「命」です。
そして「生命」です。
その生命をきちんと見れる検査、触診能力を持たないと
意味のない施術をしてしまう事になってしまいます。
整体、手技は、基本が大事です。
それを知らずにテクニックを習うのは危ないのです。
だから治る人と治らない人が出てくるのです。
基本を学びませんか?そうしたら難しい疾患も対応できるようになりますから。
癒楽心体療法セミナー
↓↓↓

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール