BLOG - お知らせ


癒楽心体療法セミナーと協会のバスケットボール活動

こんにちは!
癒楽心体療法
関節アングル整体
日本統合手技協会
代表の松本恒平です。

さて2019年4月、5月と目まぐるしく過ごしていました。

ファンダメンタルセミナーが始まり、整体院オープン、バスケットボールチームの活動など

今年のセミナーも個性派ぞろいの大阪と関東
今後、それぞれ交流をしてもらいたいと考えています。


こちらが大阪の個性派ぞろい!
受け取れる触診がうまくできるようになってほしい。
能動から受動になって欲しい。
でも、明るく、まじめに、積極的に頑張ってくれているメンバーです!

そして、大阪の卒業生のサポートに感謝しています!

こちらが、横浜の先生方。
北海道、新潟、東京、神奈川、千葉、茨城県、秋田、山形、大阪など遠方からご参加いただいています。
こちらは大阪とノリは違いますが、熱く、まじめな先生達が多い。

もっと楽しんでレベルアップをしてくれるといいですね(^^)/

 

「自分だけの為にやらずに、人の為にもやることでパワーアップする」

 

やはり、触診があるからテクニックがうまくいく
多くの先生は、筋肉は、触れられていても関節、靭帯、膜、神経などが触れられていない。

その感覚の部分を研ぎ澄ますことができないと
技は適当になってしまいます。

効果の出方は、再現性があります。
しかし、大事なのは、触診から積み重ねる事。

命へのきちんとしたサポートがおろそかになっているように感じます。

「人に触れる事は、命に触れる事」

触り方が悪くて、こわすこともある。そして良くなることもある。
だからこそ一からつみかさねないといけない。

スポーツや音楽と同じです。

今年の受講生が続けてくれて、積み重ねて、社会に貢献してくれることを期待します。

そして、5月27日は、バスケットボールチームのスポンサーイベント。
日本統合手技協会は、施術で選手のサポートをさせてもらいます。
けが、メンテナンスをしっかりしていきたいと思います。
日本代表のニック・ファジーカス選手と。

私たちの手技は、何か特定の症状に特化はしていません。

なぜなら、手技は、全人類に効果あり、施術できないといけない。

それが特定しかできないのであれば、人を診ていない、命をみていないと考えています。

その為、「統合手技」としています。

ですから、オールラウンダーとしてできる知識と内容をセミナーでお伝えしています。

高単価でできて、効果を出し続けていけるのです。

 

2019年後半も頑張っていきます!

 

ぜひ、2020年一緒に学びたい方を募集をしています。

お問い合わせください。

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール