BLOG - セミナー関連


子供の治療も大事

こんにちは

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

癒楽心体療法では、子供、赤ちゃんの治療を行っています。

整体手技は、子供も安全に施術できること。

子供の問題、大人でもそうですが、

何に原因があるか?」を探すことです。

プラス「悪いところ探しをしない。健康なところを見えおくこと」です。

 

『原因を探すという事は、悪いところを探すだろう!?』と、言われるかもしれません。

そうですね。ですが、良いところを探すということも大事です。

 

治療においては「命」を見る事。

そして『全体性』です。

発生学や人が生きる事は、全体で機能をしているからです。

 

 

子供は、素直で。子供に教わる事が多いです。

だから、大人は子供に見習わないといけないことがあります。

ありのままの状態を教えてくれます。

 

【子供のホルモン調整】

ホルモンは、大事な組織です。

松果体、下垂体、視床下部、甲状腺、副甲状腺、胸腺、副腎、膵臓、睾丸、腎臓、卵巣

あらゆるところから出ていきます。

 

成長段階においてもこのホルモンが関わりますよね。

睡眠、成長ホルモン、免疫と全てにおいて大事。

これらを調整する時に、大人のバカ力で治療をしてはいけません。

視床下部、下垂体の部分の調整をするのに、

「小脳テント」を介した治療『篩骨』を介した施術をします。

子供のおねしょにも関わるからです。

おねしょ、耳鼻咽喉、発話の問題で来ているケースもまずは問題があるかを見ます。

 

足→仙骨→小脳テント(脊髄小脳・前庭小脳・テントの二重膜)

これをリリースさせます。

蝶形骨と臍が繋がるため、この部分の治療は非常に大事なります。

 

癒楽心体療法では、OWT(オーガン・オーガナイズウェルターテクニック)を使います。

細胞のうねりを使ったテクニック。

そこで体の中の3Dの動きを使います。

膜の動きも一つではないので、連続性を使い、細胞のうねりの中のバランスをとります。

これができるようになるとあらゆる難題のアプローチが可能になります。

 

下記の子供も、言葉が出なかったのがでるようになったり。

おむつが外れたりと。治療は、シンプルですが、治っていく過程を追っていくので初めての人には難しいです。しかし、これができるようになると治療が非常に楽になりますよ!

基礎から学びたいという方はぜひ、一度、ご覧ください。

 

 

癒楽心体療法セミナー

2020年1月より体験会を開催します。

癒楽心体療法の情報が欲しい方ぜひこちらにご登録ください。

【無料動画の特典も付けています!】

登録はこちらから→ https://88auto.biz/bodycare/registp.php?pid=1

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール