BLOG - お知らせ


神経的なつながりを覚える事が治療をスピーディーにさせる

こんにちは

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

あなたは、神経のつながりを覚えていますか?

 

「解剖学と治療が結びつかない」と嘆いているようならぜひ、癒楽心体療法の講座をおススメします。

 

肩の挙上、肘の屈曲、前腕の回旋、手首の動き、指の動き。

さて、これらは、どこの神経からでていて、何番が支配していますか?

 

 

癒楽心体療法®優位治療検査®のメリット

神経、筋膜のつながりを覚える事は、治療において最大のメリットです。

さらにどこが悪いかを教えてくれて、どこが良いか?をおしえてくれるわけです。

 

運動、神経根、筋肉、末梢神経を覚える事です。

 

肩の挙上: C2・3・4 僧帽筋  副神経

肩甲骨内転:C5     菱形筋  肩甲背神経

肩甲骨固定:C5~7     前鋸筋  長胸神経

肩外転(初期):C5       棘上筋   肩甲上神経

肩外転(後期):C5        三角筋   腋窩神経

肩内転(<30):C6~7 大胸筋  外側胸筋神経

肩内転(>30):C6~7 広背筋 胸背神経

実は、これを覚えると頸椎が悪いのか?抹消の筋膜が悪いのか?

見分けがつくようになるんのですね。

 

 

この時に、五十肩で挙がらない筋肉があれば、頸椎を見るか

もしくは、末梢を見るかで治療はスムーズになります。

 

 

ただし、神経を書いていますが、頸椎の神経は8番まであります。

頸椎は7個ですから、出ていく場所が一つズレますので。

 

そのあたりを考慮して治療をしないといけない。

 

 

この時になにを基準と考えるのか?

 

 

コリというよりも、機能低下、可動性低下をまずは見ていくことです。

 

それにより、何を治療をしていくと治療の成果が上がるのかを

まずは、【触診、検査、治療】の流れでみていくといいでしょう。

 

 

本日も読んでもらいありがとうございました。

 

 

 

P・S

2020年体験会のご案内

触診・検査を的確にやって患者さんのバランスを整えて、治る体へ導きたいあなたへ

https://yuraku-shintai.com/lp/taiken2019/02/

 

 

 

 

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール