BLOG - お知らせ


慢性腰痛の治し方①

慢性腰痛の治し方

近年、見かけるのは、筋膜のリリースです。

 

これは、すごく大事なのはわかります。

ただ、筋膜のみをいくら押しても、引っ張っても、ゆらすだけでは改善します。

 

もし、筋膜だけで治ると言われたら気を付けてくださいね。。。

 

液体の駆動力が大事です。

 

 

慢性化すると、関節の固着・靭帯骨化・変形した状態で固着というのが続きます。

これらの関節を正常にせずに筋膜だけ緩めても、バランスが取れなくなってしまいます。

そうすると、立ち上がりが悪くなったり、無駄に筋力を使わないといけない事があります。

 

 

関節を治療をしないと、神経伝達、運動神経伝達の流れが悪くなります。

 

【原因を探るために相関関係をうまく利用する】

日本の手技には、相関関係点というのものがあります。

これは、素晴らしいものです。

 

(copyright@癒楽心体療法)

 

しかし、万能ではありません。

触診を変えていかないと、いわゆる正面上の筋肉には有効ですが、関節の矯正には向いていません。

 

体液のテクニックをうまく使いこなせれば、膜、液体の関連性でつなげながら治療が治療ができます。

また、発生学視点を見ればそれは非常に有意義だなと思います。

 

施術の基本は、動きのないところを施術する。

慢性的な状態は、動きのない所、逆に動きすぎているところ。そこを見極める事です。

 

首の痛みを足首でとるとかもあります

 

 

発生学的な視点だと、お腹や腰と足を結びつけながら治療をしたり、

胸と手を結びつけて施術をしたりできます。

 

実際に、お腹横隔膜あたり、仙骨あたりから脚ができます。

胸から手ができています。

 

こういったルールを使いこなせば、相関関係はさらなる治療の範囲を大きくすることができます。

 

過去の整体の遺残としては、

手をやったら首の痛みが消えるとか。

足をやったから腰の痛みが消える。

 

「消える事もある」です。

「消えない事もあります」

 

ですから、触診、検査、治療の順番でやらないと慢性腰痛は治すことができません。

 

ぜひ、根本原因を見つける一つの指標として使ってください。

そして、慢性腰痛は、必ず改善します。

 

ただ、筋膜、筋肉だけを狙う治療では改善できません。

関節、靭帯、神経、、、

とにかくトータルです。

全体性です。何を施術するかわかって施術をし欲しいです。

 

 

 

原因を見つけて施術をしていきましょう。

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール