BLOG - セミナー関連


36時間前から起こる膝関節・股関節の痛み?

こんにちは

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

コロナの影響で、勉強する時間など増えていますか?

 

本日は、膝、股関節の問題を取り上げてみたいと思います。

 

【膝関節、股関節をどうやって治していますか?】

あなたは、膝関節、股関節の障害を抱えて来られた患者さんをどうやって治しますか?

 

膝関節が曲がらないと言われてきた人でも、

股関節であったり、頭の位置関係で変わってしまいます。

 

膝=膝と捉えているのであればそろそろ止めたほうがいいでしょう。

 

股関節、足首の関係もあります。

(copyright:yurakushintairyouhou)

股関節でさえも大腰筋から繋がるのですから。

股関節=股関節と捉える事は辞めましょう。

(copyright:yurakushintairyouhou)

股関節を120度くらいまでいくのには大腰筋の作用です。

90度までは大腿四頭筋です。

ですから、股関節=股関節と捉える前に、

 

デルマトームで考えても、筋力検査で考えても胸椎12番、腰椎1番からの

つまり、股関節を治すことも大事ですが、胸椎12番あたりの機能障害があれば

アジャストメントしないといけない事もありますし

股関節から大腰筋にかけての筋膜のOWT(オーガン・オーガナイズウェルターテクニック)を

しないと改善しないこともあります。

 

それが分かるようになるためには、触診、検査です。

 

 

【脳から関係してるって知ってましたか?】

また、脳から神経が出ています。

脳自体が神経ですから、それが背骨の中を通って配線の様につながっていきます。

もちろん、腰から膝の神経が出てきますが、つながりは上からです。

信号は脊髄に沿って脳に向かって上っていき、脳幹を通過して、脳の深部にある感覚情報処理の中枢である視床に到達します。視床のシナプスを通過して、大脳の感覚皮質(感覚受容器からの情報を受け取って解釈する領域)につながる神経線維に伝わります。

 

感覚皮質が信号を受け取る。その結果、この人が何らかの動作を起こそうと決めた場合は、運動皮質(随意運動を計画、制御、実行する領域)から新たな信号を伝える神経は脳の底部で体の反対側に移ります。

 

そして信号は脊髄に沿って下行して、脊髄内で、脊髄の神経線維と運動神経との間にあるシナプスを通過します。

脊髄から出た信号は運動神経に沿って進んでいく。

信号は神経筋接合部(神経が筋肉と接続している部分)で運動神経から筋肉の運動終板にある受容器まで進み、そこで筋肉が刺激されることにより、実際に筋肉が収縮します。

 

 

特に後頭骨、延髄、頸椎1・2番のあたりのユガミがあっても膝が動かなくなります。

これは、硬膜のつながりもありますが、頸椎の回旋、側屈、前方、後方のユガミを

見ていく必要があります。

 

もし、膝をケガをしていていても、

ケガをする36時間前などに、衝突、打撲をしていれば

それが引き金になる可能性があります。

 

スポーツでケガをその場ですることもありますが、

バランスの崩し方もその時間と影響をしているかもしれません。

 

治療家が見るとすると、患者さんが急な痛みがおこったりしたら

その36時間前にヒントがあるかもしれません。

 

その時の動作、環境など影響を与えているかもしれません。

 

【ピンポイント治療をしていませんか?】

ピンポイント治療をしている限り終わりません。

何に問題があるかをみないといけないのですからね。

 

さするだけで10秒で!

押しただけで2秒で!

 

もう、いい加減に体を見ましょう。

さすって取れる痛みもあります。それは、一般の方に任せましょう。

それを教えてあげるだけもいいのです。その先のできないところをプロとしてやるべきです。

 

治療家・施術家は「命」を見る事です。

 

関節なら膝関節をやる事もありますが、それでもまずは、全体をみて

優位治療検査をして、優位治療で何を調整したらよいかを見る事です。

 

触診・検査・治療です。

 

 

それから「技」を出さないと。

整体、手技の芸術的な技が出ない事でしょう。

そうすることで、患者さんの感動も変わります。

結果的に信頼の度合いも変わってきます。

 

 

 

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール