BLOG - お知らせ


首の治療の問題点

こんにちは

癒楽心体療法

代表松本恒平です。

 

 

首の治療で困っていませんか?

 

首の関節の治療をするのか?筋膜の治療をするのか?

もし、そんな悩みがあればぜひ、見てください。

 

関節のユガミであれば、

必ず関節のゆがみをとらないと改善します。

 

関節のユガミは、

屈曲伸展、回旋、側屈、平行移動

いずれのユガミで出ているのかを

指で確認し、パルペーションしないといけません。

 

これができれば矯正が確実にできます。

 

ですが、分からずにやると非常に危ないわけです。

 

矯正し間違えるという事は

悪化する事があるわけです。

 

あなたは、ユガミが分からずに曖昧にしていませんか?

で、あれば、きちんと触り分ける練習をしないといけません。

 

治療家としては必ず分からないといけません。

患者さんを悪化させるし、良くなるのにも一苦労すると思います。

 

 

②筋膜、筋肉治療

頸椎の筋肉治療、筋膜治療ですが。

これ、実は、筋膜に問題が無いことが多かったりもします。

 

関節性のユガミで筋肉に症状が出ている事も多々あります。

 

その為、首の筋肉を強く押すという事は

本当にナンセンスです。

なぜなら動脈もある所ですから

 

また、筋肉を強く押すことで

細胞の壊死をおこします。

 

 

胸鎖乳突筋などを強く押したり

斜角筋などを押しすぎるのは

筋繊維を壊してしまいますし

改善が遠のいてしまいます。

 

むしろ、起始と停止を見て

どこで問題が起きているのか

どの骨のユガミが出ているのか?

 

どの筋膜ラインで問題が出ているのか?

を探るべきです。

 

筋膜系の問題だと

首の筋肉は、腕と連鎖しているので

 

デスクワークの人なら指先の影響で

肩こり、首コリが起こりやすいの

 

首にタッチしながら、指の硬い所

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

母指球、小指外転筋などを軽くマッサージすると良いです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

もしくは、首にタッチしながら

指をゆっくり回すのも効果的ですよ。

 

ぜひ、お試しください。

 

 

本日も読んでもらいありがとうございました。

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール