BLOG - 症状改善


まだ、強い揉みをやっていますか?

こんにちは

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

あなたは、強い揉みで指を壊していませんか?

 

強い揉みは患者さんにデメリットだけでなく

施術者にも大きなデメリットです。

 

治るどころか悪化させてしまいます。

 

せっかく、あなたは、人を良くしたいと思い

この治療業界に入ってきたのに

逆にあなたが疲れていませんか?

 

それでは、正直、本末転倒

 

疲れずにできる施術があるんです!

 

癒楽心体療法は、

「静」と「動」の2つの治療方法を合わせて使っています。

 

かつて私も、強く押したりする方が効くと思っていましたが

それは、ケースバイケースで、使い方を間違えば当然失敗し

患者さんの筋肉組織は壊れます。

 

なぜなら、細胞ですから

膜って言うのもほとんど水レベルから

そもそも押すのではなく本当に軽い圧

組織に合った圧力なのです。

 

強く押すこと自体、良くするどころか

細胞を壊している事に気づきましょう。

 

血流は良くなるが、

制御しているのは「神経」です。

 

液体と神経をまずはきちんと調整する事で

勝手に筋肉は柔らかくなります。

 

原因を見つける事

原因を見つけなければ、治るものも治りません

 

関節の問題で「筋肉」は硬くなったりします。

膜の滑りも悪くなります。

 

当然なのですが。

 

なぜ、筋肉が硬くなったのか???

 

無数にありますが、

触診、検査が分かれば、解決は可能なのです。

 

 

わかれば治療の時間ははるかに早く終わります。

 

硬くなった一番の原因を探していけば

それを矯正すればすべて無くなるわけですから。

 

あなたが、もっと患者さんに感動を与えて、感謝されて施術をしたい

もっと効率的に施術をしたい

治療の技術力をもっとあげたい

リピート率や信頼度を上げたいと考えているのであれば、

 

癒楽心体療法の技術は、あなたにとって最大の武器となりえます。

 

2021年1月4日まで76%OFFで体験会に参加できます。

ぜひ、この機会に癒楽心体療法の技術を学び患者さんからの信頼度を上げていきませんか?

↓↓

https://yuraku-shintai.com/lp/taiken2021/B2/

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール