BLOG - お知らせ


【0期生】SHIN-ZUIコース(難疾患・妊産婦・小児科セミナー)修了

先日は、癒楽心体療法のSHIN-ZUIコースでした。

 

このコースでは、癒楽心体療法のファンダメンタル、ベーシック、アドバンス修了者に対して

レベルアップセミナーとして小児・妊産婦・難疾患の治療をお届けていました。

 

あっもちろん、触診、検査、治療の基本から学ぶことが大事で。

その感覚のレベルアップは、みんな計り知れないでしょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金子先生のところで説明されています。

https://www.facebook.com/photo?fbid=3643436015738144&set=a.115263938555387

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のセミナーは、みんなで鬼ごっこ、瞑想を公園でしました。
子供になるワークと治療。これも手技には大事なんだ。
素直にうけとることだ。
僕は、すべてが統合できる状態が「癒楽心体療法」「手技」の醍醐味だと思っています。
そこには、必ず
理念、哲学が生かされること。
理念、哲学が手技に生かされないのは
ただの「ノウハウ」
ノウハウだけでは人は治せません
良い手技もできません。
「知っている」と「できる」は違います
「知っていても使えない」と「できて使わない」は違います。
私たちは、健康に従事するプロ
常に学び、クライアントに還元する。
プロなら「できて」どう使うかを判断できるようになってほしいです。
お金もらって仕事してんだろう??
仲間も大事。
一人ではだめ。
仲間とともに登ることも癒楽心体療法では教えています。
そこには、フロー状態、管理しない自立型の育成のために行っています。
学校教育ではなく、その場その場の対応ができるようにしていくこと。
順序よく患者さんは治りませんから。
その時に応用できる能力は、座学や、決まりきった学びでは学びになりません。
カリキュラムもありますが、カリキュラム通りにいかないのも
社会では何が起きているのか?
カリキュラム通りの人生が無いように、
生きかたも順応していく力が大事だ。
だからこそ「受け取る触診」
生きている解剖を学び、生きている解剖から何を読み取るのか?
本だけではだめで、知識との融合ですから。
あり方なんだ。
生き方もそこにあると思います。

癒楽心体療法の体験会はまだまだ大募集

【2021年体験会&説明会2月・3月残席あとわずか】
【科学的な理論】・【受け取る触診】
【優位治療検査】の3つを
身体に落とし込み体験してもらう
体験会参加者のみ自費治療の為の説明資料グッズプレゼント
体験会参加者のみ【テクニック冊子】特典プレゼント!
満員御礼の会場も出てきました
残席1席の会場も出てきました。
お申し込みはお早めに!
↓↓↓
大阪・東京で開催
75%OFFで受講できるのは今だけ
2021年体験会【大阪・東京】
1月8日大阪  10時30分~16時 満員御礼
1月10日東京 10時30分~16時 満員御礼
1月21日大阪 10時30分~16時 満員御礼
1月24日東京 10時30分~16時 満員御礼
1月28日大阪 10時30分~16時 満員御礼
2月11日大阪 10時30分~16時 残席1
2月14日東京 10時30分~16時 満員御礼
2月25日大阪 10時30分~16時 残席3
2月28日東京 10時30分~16時 残席2
3月4日大阪  10時30分~16時 満員御礼
3月14日東京 10時30分~16時 残席2
3月28日東京 10時30分~16時 残席7

 

 

 

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール