BLOG - お知らせ


偽の坐骨神経痛を探れますか?

 

こんにちは

 

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

坐骨神経痛を治すときの対応ですが

よく梨状筋を見ろと言いますが。

 

また、関節の問題だと腰椎などを見ますね。

ここでも、治りずらい時は鑑別診断が大事になります。

 

 

偽の坐骨神経痛があったりします。

 

 

その時にハムストリングが通るところに後大腿筋膜という膜があります(大腿筋膜張筋の後ろ)

その膜が結局癒着をおこすことになり、坐骨神経はその膜の近くを通っています。

これらのあたりの治療をしないといけません。

 

 

 

見分け方ですが、腰部、仙腸関節の可動性

モーションパルペーションで見る必要があります。

 

 

だから癒着おこしてそれでも動かそうとすると

炎症が起こるから近くにある坐骨神経にも坐骨神経痛のような症状が現れます

 

 

坐骨神経痛があっても腰部、仙腸関節に何の問題もないときは

このハムストリングによる坐骨神経痛を疑います。

 

 

ハムストリングは基本的には太もも後方、大腿後面の痛みやしびれ

腓腹筋のところで腓腹筋の内側縁の治療が必要です。

 

 

坐骨結節で左右にスパズムあるとき

両足に痺れがあるときは

脊柱管狭窄症で両側に痛み、しびれがでるので

鑑別診断が必要になります。

 

 

 

ですので、いつも言いますが

テクニックで治るわけではないのです。

 

 

整体は、知識と検査、技術の両輪です。

 

 

ハムストリングスは、緊張が強いと

前屈をすると、指が足につかないなど出ます。

これらが原因だと、座って前屈するとしやすくなる可能性があります。

 

 

そうなれば、ハムストリングスの治療をします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こうやって体の中の筋肉や検査を見ると、

答えが出ますよね。

 

ハムストリングスの治療をするときには

スピードを使いやるか

癒楽心体療法のOWTやIMT、優位治療検査などを使うと効果的です。

 

 

癒楽心体療法は、こういった、バイオメカニクス強いです。

なんでもかんでもボキボキも良くありません。状態をみて施術をすべきかを判断しないといけません。

しかし、ボキボキが危ないわけではなく「練習していない先生がやる、判断ができないから危ない」

 

癒楽心体療法の手技は、膜、関節、靭帯、リンパ、血管、骨、体液、脳脊髄液などあらゆるものに対応しています。

腰痛専門、肩こり専門もはありません。体が見れませんと言っているようなもの。

 

体をトータルで見ます。

全身を見れる手技は、癒楽心体療法にお任せください。

 

 

ぜひ、癒楽心体療法のセミナ-や動画をご覧ください。

 

 

筋肉が基本硬い人は、つりやすい人は、ミネラル不足です。

ぜひ、ミネラルの摂取をして筋肉を柔らかくしましょう

↓↓

https://bodycare.buyshop.jp/items/29488747

 

 

本日も読んでもらいありがとうございました。

 

YOUTUBEのご登録は、こちらから

 

 

↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCIp2zUDbUxz0sTW-CccssZA

 

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール