BLOG - お知らせ


自律神経の症状を取れると多くの問題が解決する

こんにちは

癒楽心体療法

代表の松本恒平です。

 

自律神経の症状は、改善できますか?

 

多くの患者さんの99%は、自律神経の問題です。

 

近年、コロナの影響もあってか、自律神経の問題増えていませんか?

 

自律神経の問題は、クリアにすることで多くのことが改善できます。

 

めまい、肩こり、はきけ、食欲不振、耳鳴り、頭痛、、、

多くが自律神経の問題です。

 

「自律神経なんかいらない。筋肉だけやっていたらいいんだよ」と聞こえてきそうですが。

果たしてそうでしょうか?

 

筋肉をコントロールしているのも神経ですから

運動神経、感覚神経、自律神経。

 

それらの調整やつながりを知らずに、施術をするということは、

目をつぶって、地図無しで車を運転するようなものです。

ですから、結果暴走しますし、事故につながりますし、車が壊れても修繕できません。

 

 

体も同じで、知らずにやる、無知であることは、施術をするものの罪です。

だからこそ学び続けないといけないのです。

 

 

自律神経は、自分で調整ができない神経です。

交感神経・副交感神経があります

(ネッター解剖学アトラスより)

 

これらを

内臓体制反射

体性内蔵反射

体性体性反射

を使い調整をしていきます。

 

 

これらの中枢を施術するのか、末梢を施術をするのか?

もしくは、その間のものをするのか?

 

背骨があって、そこから末梢に神経がでている。

 

ちなみに、極論を言いますと、これをやったらすべてが治るという都合の良いポイントは無いのです。

一発芸的治療を辞めてほしいと思っています。

 

 

それよりも何を調整するかが大事かと思います。

上記のように、電柱?電線?のように

背骨か?頭蓋か?神経?膜?

癒楽心体療法の最大の強みは、これらを全て網羅して施術をすることです。

 

しかも神経は、ゆっくりなのか?早いのか?

それらも理解したうえで施術をしないといけません。

 

テクニックだけをやっていてはいけないのです。

そのための原理原則と触診検査がまず大事で

テクニックはその後にどうするかを決めないと上達はしません。

 

膜から自律神経にアプローチもできます。

関節から自律神経にアプローチもできます。

足首から自律神経にアプローチもできます。

頭蓋や仙骨から自律神経にアプローチもできます。

発生学的に自律神経をアプローチもできます。

全てを網羅したうえで、癒楽心体療法の統合的な施術を行います。

 

だから、重症な方々も改善していくんですね。

 

重症の患者さんの症例

 

自律神経症状や難疾患に困らなくしたくありませんか?

 

8月12日から木曜日で全5回で自律神経セミナーin大阪 を開催予定しています。

 

まもなく募集を開始します。

本当に多くの人を改善したいと思っている施術家、セラピストの皆さん。

 

お待ちしています。

 

発表は、来週か再来週です!

 

待ってるね

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール