BLOG - 症状改善


リスクを取ることが、リスク軽減につながる

こんにちは

癒楽心体療法
代表の松本恒平です。

 

経営的・技術的なところは似ていまして。
原理原則は同じところにあると思っています。

リスクを取りたくない人が結構いる。

しかし、そんな人は成功もしない。失敗もしない。
で、どうなるか、結局、伸びなくて、悩んで、失敗している。

 

実は、学びに投資していくこと、極めること

 

「整体でうまく行きたいけど、お金出すのが嫌だから、割引してください」とか言う人セミナーに来るけど、

成功したのを見たことない。

 

「お金が高いから行くのが、、、」とか言われますが。

 

でも、それなりに価値ある物を渡しています。

 

あなたが受け取れないだけかもしれない。
渡しても、学び尽くしていない。どっぷりつかっていない。
でも、それを乗り越える「覚悟」が大事。
実は、リスクを取るときに「どんな困難があっても乗り越える」と先に覚悟する。

 

「日本一の整体師、治療家になる」と決めているならどんな困難があってもそれを達成させる。
僕は、師匠達の技術で成功し、自分の技術でも成功し、未来に整体技術を残す。整体や手技をさらに飛躍させる。

「整体治療のオールラウンダーを育てる」

「全国に1000人の癒楽心体療法・一般社団法人日本統合手技協会の理念・哲学・技術使い手を増やす」
とにかく技術だけでなく、人間性も成長できる整体セミナーの会にしたいと思っています。

 

「逃げない」
向き合うしかない。

 

辛いこともある。
辛くてもその感情や状況を味わうしかないのです。向き合うしかない。感情を感じたらいいんです。

 

★★逃げ道ばかりを選んでいてはいずれ道は無くなる★★

 

リスクを取ることで、そこには「修正と改善しかない」
結果「成長と成功しかない」のです。

意味わかりますか?リスクを取る、
ピンチはチャンス!!!!
いつも逃げてばかりじゃダメなんです。

 

お金を投資しないといけない時に、先に投資。
整体技術は「先出し、後入れ」

 

無料でやったならそれなり結果出せよ。

技術に先行投資して、仕入れて、
患者さんに施術して喜んでもらい、収入をえる。

 

それが、施術者が極めないと、あなたの予約表はガラガラ!ですから。1日1~4人とか、、、生活苦しですから。
死ぬはずのない整体の修行で、逃げることを人に諭してどうするんだよ。

 

「治すことは大事」正論は言える。
でも、稼げていない。人が来ない。苦しい。。。
言ってる事やってる事と感情の乖離が起きていたり。
本当は、困っているから。とにかく予約を埋めるために、日数営業を求めるが、違う。

 

☆☆「技術という価値」を「お金の価値に変換できていない」☆☆
日数だけではないですから。
あなた自身の技術ですから。
正論を並べても、技術ができなければ。口コミも増えません。
技術職なんで。

 

★★★ほとんどの人が、困難に直面すると逃げます★★★
整体技術を習得するにあたり、死ぬわけではないけど、技術で人が喜んでくれるはずですが、
そこを極めずに全力で逃げます。そして、他責にします。
「あの技術は難しかった。」
そして、逃げるとまた同じ壁に直面するんですね。

 

患者さんは治しにくる。お金を払ってでもあなたの所に来る。
あなたは、松本の元へ技術を習い、技術の修正に来る。
ところが、あなたが技術の修正をせずに我流でやれば、患者さんを治せずに取りこぼしているってこともあります。

 

私も常に練習に行きますから。修正をします。苦しい時もありますが、笑顔を作るためですから。
僕が5000万円かけてきたけど、
先人たちがやってきたもので、簡単なものなどないよ!(笑)
ただの逃げだよ。言い訳。自分のメンツ、プライドを守るために怒ったり。でも、いらないよ。

 

あなたの治療院にいくら、コーヒーやお茶のサービスしても、
患者さんは、治しに来ているのです。
あなたの人間性と技術力です。

 

1人治療院であれば、経営も大事です。しかし、第一は人間性と技術です。
つまり、頼りにされるだけの技術を身に着けてきたか???

 

どっぷり整体技術・理念・哲学に浸かったか??
一時的な一発芸的なものだけやってこなかったか?
骨や関節が触るの怖いから皮膚だけ触っていないか?

 

筋肉だけしかわかっていない
硬結さえもわからず触っている。
可動制限もわからず触っている。

 

都合の良い言葉で逃げてないか?
自分と向き合っているか?
間違っていたことにも気づいて、向き合ってきたか?
ただの甘えじゃなかったか?わがままではなかった?

 

整体は、奥が深い。
だからこそ、先人達にリスペクトするから、怒られても何とかものにする。
お金がかかっても結果あとでとりもどせる!

 

良いリスクを取ることは、修正と改善
結果、成長と成功につながる。

受講生には、ずっと言っているが、登るしかないの。続けるしかないの。
途中で辞めるから。また一から登らないといけなくなる。

 

ロッキーマウンテンっていう山を登りに来たのに、すぐに違うところに目がいくか!?!?!?
松本という名前の山にチャレンジしに来たのであれば、登りつくさないと同じ景色は見えない。
上澄みだけとってもわからないかもしれない。

 

何を求めてここに来たが見えれば答えは明確。
同じくらいの技術を提供したいと思ってきてるなら、極めるしかないでしょう。
それが、結果、リスク回避になるのですから。

 

最後は、本当に、愛を持ってこの仕事を全うできるか。
そして、技術を極めて多くの人へ提供し続けらられるかです。

 

本日も読んでもらいありがとうございました。

 

P・S
2022年体験会がまもなく開催。
申し込みは、11月に公開となります。

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール