BLOG - セミナー関連


風邪と自律神経 

こんにちは

癒楽心体療法

関節アングル整体

代表松本恒平です。

 

今年も半分が過ぎ去ろうとしていますね。

 

梅雨から夏に突入してまして、

この時期に体調を崩す人多いのではないでしょうか?

 

 

今年は、さらにコロナワクチンの影響でも

体調を崩されている方も多くいらっしゃいます。

 

コロナであれば、最近だとイベルメクチンという薬を

処方されて飲むと随分軽減はされているようですね。

 

ただ、これまで起こっている風邪の症状ですが

これは、ウイルスもありますが

 

「自律神経」症状の一つです。

 

風邪は熱を出すことでウイルスが死滅します。

 

多くは、副交感神経の働きが亢進状態で

風邪の症状が起きます。

 

ですので、薬のほとんどが交感神経の働きを

興奮させるように作られています。

 

免疫系には副交感神経の働きを上げろと言われるのですが

それも大事なのですが、治すときには交感神経を上げるのです。

 

そうなると

施術では、リンパ系の施術をすること

 

また、関節系でも、肺、腸、心臓などの

機能をあげていき、副腎、腎臓、肝臓で解毒をする

 

こういったことを施術をしていくと回復します。

 

 

実際に、うちに風邪をひいて患者さんが来院されます。

 

薬を使いたくない人に対してアプローチすることが

結構大事になります。

 

 

そういった意識の高い患者さんを見れるのは

我々の学びでもプラスになります。

 

 

整体は、関節、筋肉だけを扱うのではなりません。

 

リンパ、血管、血流これらの操作は

整体の手技でも大事で、コントロールがしにくいところになります。

 

大静脈にそってリンパ系を操作します。

その際に、皮膚をストレッチする様に

操作をくわえてあげること。

 

またその操作を鎖骨下リンパへ向かって施術をすること。

鎖骨下リンパへ流す事で全てのごみ処理をするようなイメージです。

 

 

また、患者さんには

「暑くなっているので、お風呂に入らない人も増えますが

湿度で病気になる人がいますので、湯船につかっていらない水分をだして

体調不良、だるさ、風邪の予防をしましょう。」と伝えてください。

 

実際に、ガンの予防にもなりますしね。

本日も読んでもらいありがとうございました!

松本 恒平

この記事の著者

松本 恒平 (まつもと こうへい)

癒楽心体療法代表 / 整体院ボディーケア松本院長

元吉本興業の芸人という異色の経歴。吉本在籍中に坐骨神経痛になり治ったことがきっかけで整体業界にはいる。「漫才師も整体師も人を喜ばすことに変わりは無い」と想いで全国から来院する患者を日々施術する。 日本統合手技協会代表。癒楽心体療法(ゆらくしんたいりょうほう)関節アングル整体創始者。 柔道整復師・整体師・カイロプラクティックBcsc・オステオパシー(WHO国際基準準拠プログラム履修) 関西医療大学準研究員(筋酸素動態・骨関節・頭蓋の研究)。発生学・分子生物学を通じて水、塩の大切さを手技療法、体の健康の為に扱う方法を伝え患者の痛み・苦痛を取り、笑顔を作っていくエキスパート。

詳しいプロフィール